便利なモノやコトを不便なモノやコトに再設計することで、現状の益とは異なる益を生み出すことができる。また、ユーザが手間をかけられないために害になっているサービス(便利害)を不便益に変えることも可能だ。


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

①不便益研究とは何か