SFの中の自動運転車沖田 征吾

①最初のSF “The Living Machine”

2016.11.02

1935年、史上初、自動運転車そのものにフォーカスした短編SF小説 "The Living Machine" が、David Keller によって書かれた。これほど幅広く自動運転車について書かれたSFは最初にして最後かもしれない。


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

①最初のSF “The Living Machine”