海洋研究に学ぶ自動運転の意義高井 研

⑤「新しいことを知りたい」という思いが科学を前進させる

2017.02.16

研究プロジェクトは国民の税金によって成り立っているが、しかし高井によれば、科学者は社会的利益を目指しているのではなく「新しいことを知りたい」という自己欲求に突き動かされて研究を行うのだという。すなわち本来的には、科学は社会にとってみれば善でも悪でもない。しかし科学の素晴らしい点は、研究によって明らかになった自然の真実に思いを馳せたとき、人間の悩みの小ささに気付かせてくれることにある。高井はそうした真実を見つけたい、また真実を探求する姿によって人を勇気づけたいと考えている。 SCHOLAR.professor「新事業を創造するためのメソドロジー (手法) を学ぼう」理工系一流研究者から学ぶ、価値創造プロセスを革新するための講義とディスカッション http://scholar.tokyo/ 第7回 2015年7月13日(月)19:30~22:00 地球生物学者 高井 研


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

⑤「新しいことを知りたい」という思いが科学を前進させる