自動運転のための社会インフラ学特集1

地域差を活かしたインフラ整備 総務審議官・鈴木茂樹

2017.02.13

自動運転は、公共交通機関が整備されている東京よりも、地方で活用される可能性が高い技術です。過疎が進み、財政難で公共バスが運行できなくなっている地域において、自動車を運転できない高齢者は移動に困難を感じています。


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

地域差を活かしたインフラ整備 総務審議官・鈴木茂樹