モビリティで変わる社会松浦 晋也

④自動運転車に住むことによる、社会の変化

2017.03.01

自動運転車は、設計によっては「住居がちぎれて移動できるようになったもの」とすることができる。移動する住居で生活できるとなると、文字通りの「ノマド(遊牧民)」生活が可能になる。が、これは必ずしも好ましい社会の発展につながらない可能性がある。


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

④自動運転車に住むことによる、社会の変化