自動運転による最適化には自然知能が有効か原 正彦

①「粘菌コンピュータ」が情報爆発を回避する

2017.01.03

粘菌コンピューターを使った情報処理の研究を行っている。情報処理に粘菌コンピューターを使うことで、京コンピューターを使って計算しても数万年かかると言われるビッグデータの情報爆発問題を解決する可能性がある。その計算は揺らいで、間違っていて、曖昧である可能性もあるが、的確だ。こうした人間の判断にも似た粘菌コンピューターの計算の仕組みを、「揺律創発」という。   東京工業大学・総合理工学研究科 教授 原 正彦氏の語る「価値創造プロセスを革新するための手法」#1 2015年2月23日(月)19:30~22:00 東京工業大学・総合理工学研究科 教授 原 正彦 (はら まさひこ)


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

①「粘菌コンピュータ」が情報爆発を回避する