これからの自動運転と福祉デザイン川村 匡由

③多発する交通事故と環境問題にどう対応したのか

2017.02.02

交通量の増加は住民の不満も生み、歩道橋の利用を強制されることに反対した名古屋市内の住民有志が、政府と同市を相手取り、国家賠償法にもとづいて慰謝料を求める訴訟を起こした。いわゆる「歩道橋訴訟」だ。


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

③多発する交通事故と環境問題にどう対応したのか