自動運転が生み出す主従逆転清水 亮

④情報のシャワーを浴びる-研究開発の方法論

2017.04.04

清水は、独自の方法論として「情報のシャワーを浴びる」ことを常に意識している。例えば、釣りのゲームを作りたければ釣具屋へ行ってみる、英語を学びたければアメリカに行くなどである。清水も、自身が開発したEnchant Moonで何ができるかを徹底的に知るためにスウェーデンやアメリカなど世界各国を飛び回り意見を聞いて回った。彼の考えでは、開発者がそれを使う環境に一番に親しんでなければならず、またその一番のユーザでなければならないという。


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

④情報のシャワーを浴びる-研究開発の方法論