便利さと面白さの未来学増井 俊之

②コロンブスの卵的発想で生まれた『Gear』

2017.02.10

コロンブスの卵的な開発の具体例として、システム「Gear」を紹介する。 たくさんのコンテンツをブラウズするのは大変だ。youtube、写真、インターネットを同時に閲覧しようとすると、それぞれアプリを起動して閉じてを繰り返す、煩雑な作業を行わなければならない。「Gear」はこうした不便さを解消するシステムである。 — 慶応義塾大学・環境情報学部 教授 増井俊之氏の語る「価値創造プロセスを革新するための方法」#2 2015年3月23日(月)19:30~22:00 慶応義塾大学・環境情報学部 教授 増井俊之(ますい としゆき)


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

②コロンブスの卵的発想で生まれた『Gear』