便利さと面白さの未来学増井 俊之

④ズーミング曖昧検索とそこから生まれたコロンブスの卵

2017.02.24

「ズーミング曖昧検索システム」を開発し、自分で使っている最中に、これは「入力」にも使えるのではないか、と気がついた。この発見は、ソニー時代に開発した予測変換機能へとつながった。 — 慶応義塾大学・環境情報学部 教授 増井俊之氏の語る「価値創造プロセスを革新するための方法」#4 2015年3月23日(月)19:30~22:00 慶応義塾大学・環境情報学部 教授 増井俊之(ますい としゆき)


「自動運転の論点」は現在、有料会員登録を停止しています。


すでに購入済みの方
ログイン

④ズーミング曖昧検索とそこから生まれたコロンブスの卵