インタビューから読み解く技術と社会小見門 宏

②技術移転先である途上国の実情:加藤浩徳教授の視点

2017.05.17

東京大学工学系研究科にて教授を務める加藤浩徳教授にインタビューを行い、交通事業の評価手法や途上国の現状について伺った。後編となる今回は、日本がこれから技術移転をますます進めなければならない途上国の実情について、教授の実務経験を踏まえながらお聞きした。


「自動運転の論点」は現在、有料会員登録を停止しています。


すでに購入済みの方
ログイン

②技術移転先である途上国の実情:加藤浩徳教授の視点