新規事業開発のための図解の技術今泉 洋

⑥グリッドを上手に描く方法 -ワークショップ その2

2017.03.21

情報伝達では視覚的なイメージが重要であり、内容の構造を図化することが全体の素早い理解に役に立つ。 今回のワーウショップでは綺麗なグリッド(格子)を描く方法を学ぶ。 — 武蔵野美術大学 教授 今泉洋の語る「価値創造プロセスを革新するための手法」#6 2015年12月22日(火)19:00~21:30 武蔵野美術大学・デザイン情報学科 教授 今泉 洋(いまいずみ ひろし)


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

⑥グリッドを上手に描く方法 -ワークショップ その2