技術および欧米自動車産業人事情報坂和 敏

⑦テスラの元幹部告訴でわかった2つのこと

2017.01.29

capture image: Chris Urmson: How a driverless car sees the road(TED) 「テスラがAutopilot(同社のADAS=先進型ドライバー支援システム)の元開発責任者を告訴した」というニュースが26日(米国時間)に主要な各媒体で比較的大きく取り上げられていた(文末【参照情報】に記した通り)。グーグル、マイクロソフト、インテルといった各社の四半期決算発表がなければ「テクノロジー欄トップの扱いはほぼ確実」といった感じの取り上げようである。告訴の主な理由は、機密情報の不正な持ち出し、並びにテスラ従業員の引き抜き(新会社への勧誘)とされている。ただ、この話題が興味深い理由は、告訴の具体的な内容よりもむしろ次にあげる2つの点にあると思われる。 その一つは、今回の一件に元グーグルのクリス・ウルムソン(Chris Urmson、昨年夏に退社していた自動運転車開発プロジェクトの元責任者)が絡んでいることであり、もう一つはテスラが今月に入ってAutopilot用ソフトウェア開発の新しい責任者を起用することになった理由が明らかになったことだ。そのあたりを明確にする目的も兼ねて、まずは今回の告訴に至った一連の出来事を時系列に沿って整理してみる。   ウルムソンのグーグル退社からテスラによる告訴まで クリス・ウルムソンが「グーグル退社」を明らかにしていたのは昨年夏(8月はじめ)のことだったが、同社の自動運転車開発プロジェクトで比較的長い間「顔」的な役回りを勤めていた幹部の退社ということもあり、この人事のニュースはかなり大きな反響を呼んでいたかと思う。退社の理由は今ひとつよくわからない−−−持ち株会社制以降後に顕著になった新規プロジェクトに対する予算的な引き締めで、それまでのように自由に動くことが難しくなったためではないかとか、 ...


本文は有料会員のみご購読いただけます。こちらよりご登録ください。
自動運転の論点:月額購読 | 972円(税込)/月額


すでに購入済みの方
ログイン

⑦テスラの元幹部告訴でわかった2つのこと