SFの中の自動運転車沖田 征吾

③00年代SF、行為への意思・舞台装置化する自動運転

2017.05.16

運転するという行為は、登場人物を描くための重要な演出の一つになっている。自分の手で車を操ることは、物語の主人公たちが社会=自動運転に縛られずに、意志を持ち、自由に行動することのメタファーとしても描かれている。


「自動運転の論点」は現在、有料会員登録を停止しています。


すでに購入済みの方
ログイン

③00年代SF、行為への意思・舞台装置化する自動運転