不便益研究からみた理想の運転支援システム平岡 敏洋

⑤人間機械系の研究者として感じる自動運転の問題点

2017.05.19

自動運転にまつわる問題点のなかでも、人間機械系(HMS: Human-Machine Systems)の研究者として看過できないのが、(1)自動運転車が、他の運転者・歩行者・自転車等とどうコミュニケーションを取るかという問題と、(2)レベル3の自動運転における手動モード⇔自動モードの切替えについてだ。


「自動運転の論点」は現在、有料会員登録を停止しています。


すでに購入済みの方
ログイン

⑤人間機械系の研究者として感じる自動運転の問題点